2017年03月17日

サバゲー装備について

恰好に関していえば
必要最低限の装備は、
ゴーグル、手袋、キャップこの3点があれば参加できます。
なに系で行くのか!その事について記載します。


〇ガチ(費用多)
実際の兵士の装備に順ずるため、値段が多めとなる。
​リアル思考、コスプレ系と派生する模様。
​実物でなくともレプリカでok。
​ただ装備に関していえば、意味があってその装備が存在するわけであり、あったほうが良い。しかし【サバゲーにおいてなくても構わない装備】もある。
勿論ではあるが、色々つけると重い、暑い、金がかかるの3重苦を味わうことにはなるが、愛で凌駕する方向けである。



〇pmc(費用少なめ)
キャップを被って、アーマー(支出)、ユニクロやシマムラ産チノパンorジーンズ、手袋で完成のお手軽装備。
​実際の民間軍事会社でよくみられるタイプ。
軍と違う所は迷彩のついた物を使わない。迷彩=兵士とみられるため国際法に違反します。
pmcはあくまで会社員で一般人なのです。
アーマー分は出費しないといけませんが、それでも装備費だけで見れば安い部類です。



〇軽装備(私服、実質サバゲー向き、予算極少)
私服にマガジンを入れるポーチとダンプポーチのみ購入。
​実戦と違いサバゲーは長距離の移動や現地での泊まりは少なく、交戦射程が30~40mが幾度です。
ならわざわざ機動性を欠いてまで重装備する必要性はないですよね。
​そのような方向けの装備です。(もちろん突撃したいんじゃあああという方向けでもある)


しかし、服装自体はなるべく長袖長ズボンを着用しましょう。
​草地に入ったり、転んだり、BB弾が当たって痣になったり、、、素肌を隠せば怪我も防げます。

 

↑ベルトにあれこれつけて軽装備の完成。(マガジンポーチ、ハンドガンホルスター、ダンプポーチ、多目的小サイズのポーチ)  


Posted by DOG  at 09:45Comments(0)サバゲー装備について