スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年03月17日

ハイサイクルM4系について

東京マルイには、次世代、スタンダード、そのほかに「ハイサイクルモデル」というジャンルが存在する。
「ハイサイクルモデルとは、スタンダード電動ガンの発射サイクルをHIにマルイがカスタムしたもの。」
と考えて間違いない。
なので素材は樹脂製であり、すべての個体の全長が短くコンパクトにおさまり、小柄な方向けである。
ハイサイクルの特徴は秒間25発(実質22発ぐらい)の連射力を誇り、セミ(単発)の連射もしやすい。
ちなみにスタンダードは15~16発だ。
コンパクトでバレルが短いため、初速は他スタンダードARに比べて若干低めとなっている点は注意。(初速80弱)


ここから個人的意見になってしまうがご了承いただきたい。
初心者の内はたくさん弾が出てスカっとするハイサイクルモデルはいいかもしれないが、慣れてきた人は是非別ジャンルの銃へとシフトしてほしい。
​なぜならオーバーウエポンすぎる装弾数からの連射力と携帯性、連射しすぎるために周りの味方が敵の音を聞き取れない。
慣れてきた頃には、弾の消費率も視野に入ってくると思う。
はたして、それが楽しいのか?おそらくではあるが、しばらくやっていると、そういう疑問にぶちあたってくるだろう。
2本目にハイサイクルを購入するぐらいなら、少し我慢して別のジャンルを購入してもいいんではないだろうか?
 
今回もハイパー道楽さんのサイトを使わせてもらいながら、説明していこう。

・東京マルイ 電動ガン M4 CRW


(画像はハイパー道楽さんよりお借りしています。http://www.hyperdouraku.com/


​外装、レールも樹脂製(トップレールは金属)でコンパクトな架空銃。
ハイサイクルはスタンダードベースなので、マガジンはスタンダードと互換性あり。
​コンパクトなためフロント部分への外装カスタムによる首の負担は少な目だろう。
​つけてもフォアグリップぐらいにしておくのがいいかもしれない。
​テイクダウンが従来M4と同様可能で、カスタムしない人やリアル派でない人にはいらない機能搭載している。


・東京マルイ 電動ガン M4パトリオットHC


(画像はハイパー道楽さんよりお借りしています。http://www.hyperdouraku.com/


マルイの架空銃。
イメージ元はLAR-PDS ピストルというもの。
ハイサイクルを購入するのであれば、是非この機種がオススメだ。
​ストックがないため携帯性は他の機種よりもあり軽量、ハンドガードの形状の違いにより首の耐久性が若干高めだからだ。
​しかし新品で購入すると問題も1つあり、マガジンが多弾のショートマガジン(短い)しかついておらず、弾の数が少ない。(といっても、ハイサイクル運用なら多弾マガジンが前提だが。。)
フルオート(連射)しようものなら、あっちゅーまに弾が無くなる。
どのシリーズでもそうだが別マガジンの購入は必須だろう。特にハイサイクルは。
ストックが無いので精密射撃には向いていない。
​連射ができるでっかいハンドガン(?!)やストックのないタイプのコンパクトSMGと考えるのが無難だろう。

あとフリップアップ(折り畳み式)のサイトがついているのも注目だ。
​なぜかというと光学機器を付けた際に、レンズ内に写ることなくクリアに視野を確保できるからだ。
​ストックがないタイプということもあり、ドクターサイト(ミニダットサイト)などのオープンタイプが似合う。
​ただし外フィールドでのサバゲーで運用するにあたり、オープンサイトは耐久性と光に弱く、粗悪品の物だとダットが見えなくなる可能性があるため、付けるのであればチューブタイプのサイトやホロサイトをおすすめする。
・・・・ストックレスのタイプで必要かは別として。(元々精密射撃に向いていないため。ただし咄嗟のサイティングで効果は発揮する)

個人的な話ではあるが、パトリオットとしてのメリットは失われてしまうが、こいつには是非ストックを付けてカスタムしてほしい。雰囲気が全然違うイカしたM4(。。。のような何か)が完成するだろう。  


2017年03月17日

スタンダードM4系について辛口評価

製作会社も絞れたとおもいますので、次の内容に移行します。

前回でも触れましたが、1丁めは【あなたが好きな形】の銃で構いません。


今回はM4シリーズについて記載します。
例えばですが「マルイからM4色んな種類出てて、よーわからん!」
きっと初心者さんはこう思うでしょう。私もそうでした。

http://www.hyperdouraku.com/airgun/index.html
ハイパー道楽さんのサイトレビューに合わせて、ざっくりと個人的視点で記載していきます。



-スタンダードM4シリーズ- ​(どれも命中精度は良好です)

・東京マルイ 電動ガン NEW コルトM4A1カービン 樹脂製(一部金属)

(画像はハイパー道楽さんよりお借りしています。http://www.hyperdouraku.com/


基本となるのが、米軍や警察、各国でも使われている、このNew m4カービン。Newと付くぐらいなので1世代前のM4カービンもあります。
青い箱が目印です。
特徴は誰が持っても持ちやすくできる可変ストック(長さ変更可能)。アウターバレル(銃の筒)が金属、テイクダウン(銃からバレルを引き抜ける。内部カスタムしない、リアル派でないなら、いらない機能)が可能という点である。
ハンドガード(手を添える部分)にバッテリーが入るため、フロント側が重い。

一番の問題は、
ハンドガードが【実銃サイズと違うため社外品のハンドガードがつかない】点だ。
さらに銃フレームとハンドガードの付け根(通称:首)の部分が樹脂のため強度がない。
そのため、どうにか持ちやすい金属製ハンドガードにしようとした場合、樹脂フレームの耐久が無いため、いずれ歪みが生じ弾が真っすぐ飛ばなくなったり、最悪折れてしまったりしてしまう。
それを改善すべくメタルフレームを購入するぐらいなら、いっそ次世代M4や海外製M4を購入したほうが安上がりだ。
​今流行りのキーモッド、Mロックなら超軽量なので付けても負担は少ないと思うが、根本は変わらないのでつけれる外装カスタムパーツは限られるだろう。
←これがキーモッド。
外装のカスタムは光学機器(ダットサイトやホロサイト)を付けるまでにしといたほうがオススメである。


・東京マルイ 電動ガン ナイツM4 SR-16 樹脂製(一部金属)

(画像はハイパー道楽さんよりお借りしています。http://www.hyperdouraku.com/


M4のストックが固定ストックとなり構えた際の安定性が増している。しかし固定ということもあり小柄な人だと構えづらい印象を与えるだろう。
フロント部にレールシステム(色々つけれるデコボコしてるやつ)が標準装備。しかし樹脂製の首の付け根の強度は変わってないので、付けることは出来るがおすすめはしない。形に愛がなければいらないものである。
こちらも光学機器を載せるぐらいにしておくべきだろう。



・東京マルイ 電動ガン M4-P.M.C. 樹脂製(一部金属)

(画像はハイパー道楽さんよりお借りしています。http://www.hyperdouraku.com/


他M4シリーズには類を見ないコンパクトさで軽量。
全長が短くレールシステムも標準装備でアルミ製、バレルナットありのため、フロント部分に色々つけても負担は少ない。
ただ根本の基部は変わらず樹脂のため、重い物を付けたり強い力で抑え込むのは推奨しない。

1番の問題点は、限定品のため新品で購入は無理だろう。
おそらく中古前提なので内部調整や確認が必須と思われる。



・東京マルイ 電動ガン M733コマンド 樹脂製

(画像はハイパー道楽さんよりお借りしています。http://www.hyperdouraku.com/

new m4よりバレルが短いため、若干全長が短い。(7cmほど)
短ければ短いほど取り回しは良くなる。
可変ストックだが4ポジションと New よりも融通は効かない。
テイクダウン可能。
映画「ブラックホークダウン」のモデル。


フレーム部分にレールシステムが無く、キャリングハンドル(取っ手)に社外品をつけて光学機器を乗っけるしか方法がない。
ブラックホーク気分を味わいたいならいいだろう。


・東京マルイ 電動ガン M933 コマンド 樹脂製(一部金属)

(画像はハイパー道楽さんよりお借りしています。http://www.hyperdouraku.com/

STD M4シリーズで一番新しいタイプ。
全長もpmcを除いて一番短く、軽い部類。
テイクダウンも可能。
しかし相変わらずハンドガード変更の問題点は解決されていない。
m733との違いはバレルが短くなり、レールシステムがあり拡張性に優れる。


・東京マルイ 電動ガン M4 S-SYSTEM 樹脂製(一部金属)


(画像はハイパー道楽さんよりお借りしています。http://www.hyperdouraku.com/

重厚なフロント部分が特徴的な機種。
ただ重厚になり重さが増えただけではなく、アッパーフレームにまで伸びた金属レールシステムにより、ほかのスタンダードM4シリーズに類をみない首の固さを発揮。
これならフロント部分への外装カスタムも問題ないだろう。
しかしフロントヘビーに拍車をかけている。
​アイアンサイトが可倒式タイプのため光学機器などを載せても、サイト内に干渉しない点も注目すべき点だ。
架空銃ではなく実際に存在するモデル。
​pmcでも使用されており、pmc装備にはしっくりくる。
​写真ではダットサイトが装着され、バレルが取り回しのいい短縮モデルになっているように見える。


しかし、ここまでお金をかけるのであれば、フルメタルな次世代m4や海外製m4でいい気がしないでもない。




次回はハイサイクルM4シリーズについて記載しようと思います。
参考になれば幸いです。  


2017年03月17日

銃選び ジャンル編

購入する会社を絞りましたね?
さぁ次は購入する本体を考えていきましょう。

おそらくですが、選んだ銃はあなたが好きな形の銃でしょう。
何処かで聞いたのですが、銃を複数買うまでの工程はこのようなサイクルらしいです。

1.初めての銃は好きな形。
2.初めての銃とタイプの違う銃
3.あなたの戦闘スタイルにマッチした銃

意外と自分の理想とスタイルにあっていないことがあったりします(笑)。
ちなみに筆者はすでにこのパターンにどっぷり浸かってました(ガクガク)
勉強代と考えればまだいいのですが、やはり余計な出費はカットしていきたいですよね。

結論から言うと、好きなタイプにもよりますが個人的には【海外製の銃】をオススメします。
その理由を書いていきます。デメリットが多めに書かれ、コストとリアル系を重視した視点となっています。


まずマルイの銃についてですが、前回にもかいた通り、スタンダード、次世代とあります。
注意すべき点は、次世代のマガジンをスタンダードや海外製銃に共有はできません。(逆は可能です。社外パーツを付ければですが。)

-次世代シリーズ-


(画像はハイパー道楽さんよりお借りしています。http://www.hyperdouraku.com/

△ 反動はあるが、ガスがパワーソースのガスガンと比べて反動は弱弱しいです。反動を求めるならガスガンがオススメな事。耐久性低下のため反動を無くす方向になってしまう場合がある事。ただし冬は確実に作動する次世代に軍配が上がる。

× ブローバック機構によってガチャガチャ煩く、敵に位置を知らせやすい。サプレッサーつけても機械内部が音を立てるため意味がない。サプレッサーを付けて隠密性を図りたいなら、スタンダード電動ガンを使用すべきだ。

△ 社外内部パーツが次世代専用品なので高い。内部パーツを変えないのであれば関係ない。

× なんだかんだ本体値段が高い。

〇 たしかにガッシリはしているのですが金属の素材がチープ。海外製を持つと分かるのですが、中身が詰まっていない 柔らかい金属の印象を受けます。海外製触らなければ◎

〇 ブローバック、疑似振動、ボルトストップ、リアカン機能はgood。ボルトリリースボタンの押した感じがうんkなのはいただけない。

× ストック側の反動機能によってサイズが違い、社外パーツでストックの中にはつけれないものがある。

◎ 次世代専用マガジンはリアルカウント(30発)に設定できる。

◎ 集団率、安定性、飛距離ともに他シリーズを引き付けない。

×  他シリーズと次世代マガジンを共有化できない。←(チーム行動において致命的。リアカンなら仕方ない。)


-スタンダードシリーズ-


(画像はハイパー道楽さんよりお借りしています。http://www.hyperdouraku.com/

〇 値段が安め

◎ 他海外製銃とマガジンの共有化が出来る。

△ 金属使った銃もある。(M14.89式)樹脂素材の個体多め。

× 樹脂系はギシギシ音が鳴るものがある。

× 一部の本体に社外品パーツがつかない物がある(マルイの寸法が違う)

◎ サプレッサー使って静穏性あげたいならスタンダード。海外製よりも機械内部の作動音が小さいため、離れるとほぼ分からない。


△ マガジンに弾がたくさん入る。(リアル差は無い、ストレス解消にはいい。)

◎ 社外パーツが次世代に比べて安く種類がある

◎ 集団率、安定性、耐久性ともに◎



続いて海外製ですが、基本的にマルイ スタンダードをベースに作成されています。
-海外製-


◎ 値段の幅が広い。安いのもあればクッソ高いのもある

◎ スタンダートマガジンを共有化できる。つまり弾も入る。

◎ 社外品パーツが次世代と比べて種類が多く安い。

◎ 金属製が多い。しかも金属は中身が詰まっているような安心感。

△ 金属性ゆえに重い物が多い。(本物がそうなんだから仕方ない。軽いのお求めな方はスポーツラインというジャンルがあります。メカボとインナーバレル以外全部樹脂で価格も安い。)

◎ 実銃寸法なのでつかないパーツがほぼない。

× 運が悪いとパーツが無かったり欠けていたりする。

× 内部調整必須のため予算別途かかる。(自分でやるならバレル3000,グリス300.モーター3000)大体+8000あれば調整可。


大体以下の通りなので、手間さえどうにかできれば海外製のほうがトータル点数が高いことが分かる。(私が思った点のみではあるが。。)次世代を購入するぐらいなら、スタンダードか海外製がコストも抑えられ、フィールドでのメリットも大きくなるだろう。
色々酷評してしまったが、手軽に反動+金属を楽しみたいのであれば冬でも安定して動く次世代をオススメする。

最後に私が海外製の銃をおすすめした理由だが、

1.しっかりしたフルメタル
2.他メンバーとマガジンの共有化
​3.内外部カスタムが可能かつ、次世代より少しパーツが安く種類がある。
​4.次世代よりメカボ内のパーツが少ない(つまりちょっと簡単になる)
​5.振動がないため耐久性がある
​6.上記で記載してないが、上位クラスの海外製はボルトリリースができる。

以上の点が私のお勧めする理由だ。

  


Posted by DOG  at 08:36Comments(0)銃選び(初心者向け)

2017年03月17日

銃選び 会社編

初めて銃を買うときって色々悩みますよね。
一番いいのは自分の、好きだ や 格好いい!! と思う銃がいいと思います。
しかし、いざそれで購入してみると思っていたのと違った。。。。という情報が少なからずでてきたりします。
それを回避すべく、調達しやすく、私の知りえる情報を書いていきたいと思います。


とりあえず・・・や、内部カスタムしないっす!!!って人はこちらがオススメ。

〇東京マルイ (通称TM社 〇井)
サバゲー会でおそらく1.2番を争うほど有名な会社です。
外装や内装カスタムしないのであれば、この会社で間違いないです。
銃の特徴
↑メリット↑
・有名どころな銃がある
・耐久性がある
・作動、命中率に定評。
・飛距離40~45mはキープ(スタンダード40m~ 初速82~86 一部90。次世代シリーズ45m~ 初速90~96。)
・アフターケアが良い。
・重さは普通。
・樹脂系、金属系の銃を選べる。
・次世代シリーズ(30000~)反動を楽しめる。ボルトストップも楽しめる。ブローバックも楽しめる。しかも金属で持ったかんじはガッシリ。

↓デメリット↓
・なんだかんだ高級ブランド。新品20000~本体が選べる。(参考:smg 20000~ Arクラス30000~)ここから装備品を買うので、意外とトータル金額は馬鹿にならない。カスタムしようもんなら尚更。ハイリスクハイリターンではあるが中古品も一考すべき。
・メリットデメリットにもなりますが、スタンダードシリーズは樹脂製。リアル派はガッカリしないように。
・純正オプションパーツがくっそ高い。別に純正のパーツ買わなくてもいいです。
・設計の古い樹脂シリーズは、持つとギシギシミシミシ音がなる。
・次世代シリーズはガチャガチャとブローバック動作音がうるさい。(メリットでもある)ボルトリリースボタンの押した感触がうんk。
・次世代シリーズの反動は内部(メカボやフレーム)などの故障の原因につながる。(反動により耐久性が下がっていく)
・スタンダード系一部が実銃とサイズが違うため、社外品外部パーツがつけれないものがある。



今後カスタムするんだい!や、安く済ませたい!!の人はこちらがオススメ。

〇cyma (通称 中華銃、大陸銃)
安さとフルメタル(金属製)が売りの中国会社。
新品そのまま使い続けるとぶっ壊れます。弾の集団率もばらけます。
メカボの洗浄、メカボグリスアップ、メカボ内のシム調整、バレルの変更orクリーニング、パッキンの変更必須。できればモーターも。
銃の特徴
↑メリット↑
・銃のバリエーションがポケモン並にむっちゃある。お好みの形の銃への近道。
・安い。(最低価格1万~。ただし1万コースは樹脂アリ)
・安いのにフルメタル。
・実銃寸法通りなので、社外パーツつけれる。
・メカボ内は東京マルイ社をベースとしているためカスタムしやすい。

↓デメリット↓
・内部調整必須。メカニックに頼むか、自分でやるか、店で購入時や後から調整してもらう事。どちらにせよ、別途お金がかかる。
・実銃と同じ金属なので重い。(メリットでもある)
・新品で運が悪いと何かのパーツが欠けていたり、無かったりする場合がある。(無いと願いたい。。)


〇G&G(通称 G&G 台湾銃)
安さとフルメタル(金属製)と精密機械技術が売りの台湾会社。
新品さのまま使い続けても問題ありませんが、やはり海外製。内部変更と調整推奨。(グリス、バレル、パッキン、シム、モーター)
銃の特徴
↑メリット↑
・銃の種類が多い。ポケモン並ではない。
・オリジナル銃があり、外装カスタムパーツが最初っからついている。
・そこそこ安い。マルイとcymaの間ぐらい。(上位クラスをみればキリはないが。。)
・フルメタル(樹脂製も取り扱いあり)
・メカボ内に精密機械が入っているものがあり、それらは撃つときのキレが早い。
・実銃寸法通りなので、社外パーツつけれる。
・メカボ内は東京マルイ社をベースとしているためカスタムしやすい。

↓デメリット↓
・内部調整推奨(別途予算)
・オリジナル銃が多く、リアル思考の人向けではない。(外装変えれば別)



他にもたくさん制作会社はありますが、調達しやすさからいえば、この3社から選んでおけば間違いないと思います。
  


Posted by DOG  at 08:28Comments(0)銃選び(初心者向け)会社編