2017年10月17日

メカボックス トラブル 初心者向け




あまりネタがないので、かなり久々の投稿となってしまいましたdogです。
今回は初心者さん向けメカボックスのトラブル対処についてです。

初めてメカボを開けた時ってドキドキしますよね。
それで動画や掲示板などアドバイスを得ながら分解組み立てを行うのですが、いざ組み立て終わっても【閉まらない!!!】。
そんな時見るべきポイントを数点あげようと思います。(動画主本人が組み立てれるから、組み立て動画あっても対処動画ってないのよねー(-_-;;))

シム調整やらグリス塗りなどなんやらは、その辺りに情報が五万とあるので飛ばします。(聞いていただけたら分かる範囲では答えます)。
ver.2で説明しますが、内部機構は他のメカボでも似たり寄ったりなので参考になればと思います。



1.配線がはみ出している。
配線をはめるべきガイドからはみ出しており、蓋が閉まらないパターン。
これは強引に閉めると断線、漏電になるのでやめましょう。

1.ギヤの軸や逆転防止ラッチが、メカボからずれている。
蓋をかぶせた後に、ピンセットやドライバーなどで「ちょいちょい」と突っついて調整しましょう。

1.セーフティーレバーがはみ出ている。
ver2でいいますと、スイッチ周辺の下側にあるレバーがメカボからはみ出していて、閉まらないパターンありです。
この場合もフタを軽く被せた後に、ちょいちょいと突っついてあげましょう。


さて、ここからが中々気づけないポイントですよ!!!重要です、落とし穴です、盲点です

1.ピストンがレールガイドからずれている。
この場合フタは閉めれるかもしれませんが、いざ試運転した場合に正常作動しません。細い棒をノズルから突っ込んで押してあげて正常に稼働しているか確認しましょう。
無理やりドライブし続けるとモーターに負担がかかります。

1.ノズルがしっかりタペットプレートにセットされていない。
可動はしますが、初速の大幅ダウン(気密漏れ)に繋がります。こちらも組み直しです。
もしくはシリンダーヘッドにシリコングリス(マルイグリスなら青)を塗りすぎて抵抗になっている。グリスは薄く塗りましょう。

1.シリンダーがずれている(これが多い)
シリンダーを取ってしまった場合に多いのですが、今度はフタ側(ギヤなど付けてないほう)にシリンダーをヘッドごとはめ込んでみてください。そして、外側からシリンダーを見てみましょう。
すると若干隙間が空いていたりしませんか?その際はシリンダーをシリンダーヘッド側に少し押し込むか、引いてあげてください。
メカボとシリンダーに隙間が無なければ入ると思います。

1.タペットプレートがずれている(これも多い)
はめ込みが甘かったりしませんか?はめ込む際は、上から下へ滑り込ませるようにセットします。カチっ、や、パチンというと思います。
あとはまっすぐにセットされてるか確認してください。


-番外編(フタは出来たけど異音するよ!?)-
1.セミやフルを撃てはしたが、撃ったあとすぐウニュと異音がする。
これは逆転防止ラッチの組み込みに失敗しています。防止ラッチはベベルギア(モーターと接触するギア)のモーター側に寄せる様にセットします。状態で言えば、ベベルギアにラッチをひっかけて固定するようにセットします。

1.ギィーギィー音なったり、回るときにギアが辛そうな音がなる(異音)
シム調整が間違っている可能性が高いです。もう一度動画など見てシム調整し直してみましょう。
メカボの時は鳴らなかったが、組み立てがすべて終わった後になる場合は、モーターの調節ネジの閉めすぎの可能性が高いです。
最後まで閉めず、モーターがギヤを噛みつつ楽~に動けるぐらいの締め付けにしましょう。(緩すぎてもダメです。その場合は高音ノイズが混じります)


以上が初心者さんが見落としやすい、「メカボのフタトラブル」です。
カスタムについてはコメントできませんが、組み込みのトラブルでしたら分かる範囲で相談に乗ります。
これを見て「蓋がしまりました」などあれば、コメントや、ツィッターで連絡いただけると嬉しいです:)  

Posted by DOG  at 11:45Comments(0)初心者向け

2017年03月23日

耐久性を重視した、簡単なカスタム場所のすすめ。

初めに。
カスタム=内部カスタム
サマコバ=サマリウムコバルトモーター
02弾=0.2g bb弾
25弾=0.25g bb弾
と読んでください。
あくまで個人の考察です。




私のM4自身メカボ内部のカスタムはしている。
今の目標としては飛距離よりも集団性とセミオート時の発射レスポンスだ。
しかし初めての銃のカスタムを考えていた時はどうだったろうか。
勿論遠くまで飛んでほしいし早く沢山打てるようになってほしかった。
でも一番思っていたのは

「能力上がるのは嬉しいが、ぶっ壊れないでくれ(切実)」

であった。
皆さんはどうだっただろうか。
カスタムパーツはたくさんあるが、効果あるの?壊れない??という心配はつきものだ。
ショップに頼んだ方はお金を代償にしているので保証も効くだろうし、そこそこ安心と期待に胸を膨らませているのだとは思う。
しかし個人間だと【信頼、信用、望み】 のみである(笑)。

カスタムをすればするほどスペックは上がっていくだろうが、耐久性はどうであろう。
強いスプリングやら入れればパワーもあがるが、メカボ内への負担も増大していく。
場合によっては破壊という最悪の結果になるだろう。

そこで銃が壊れづらい軽カスタムパーツのポイントを考えてみた。
「軽」であれば簡単かつ出費も少なくて済む。
ただフルカスタムに比べて効果は低めであるのを理解していただきたい。
あとこれらは、テスト代をかけなくても効果があるものなので、初期出費はかかるが色々なテストを何度も繰り返すよりもトータルでみた時に【安くなる】のでお勧めだ。


交換が簡単なため障害が出にくく、安く、効果がある場所を紹介していこう。


・バッテリーの変更




純正もしくはニッスイのバッテリーを「li-poバッテリーに変更」というものだ。
バッテリーを変更しただけで、発射サイクル、レスポンスが格段に上がる。
発射サイクルに関しては2~3発の向上。
レスポンスに関しては、通常ウィパン!ウィパンッ!!というのがパン!パン!になり、撃つまでの時間が速くなる。
目で音で体で分かる1番効果のあるカスタムだ。

心配な管理に関しては、ゲームが終わってから満タンまで【リポ専用充電器】で満タンまでチャージしてもらい、1マガジンほど空撃ちすればそのまま放置しといても大丈夫だ。放電量が少ないためである。
扱いは携帯電話と同じと考えてもらえばよい。
ただし、2週間に1回ぐらいは電気残量がどうなっているのか確認していただきたい。
電量が無くなっていると寿命が低下し、結果、発火の恐れがあるためだ。
発火対策としてリポ専用パックに入れるか、土鍋内に保存という方法がある。

リポはスペックを引き上げてくれるが、それに伴いスイッチ部分にも負担がかかるため、負担を減らしてくれるSBDを付けよう!!リポにしなくてもスイッチの延命を図るという意味でも【安い、簡単】のSBDは、初心者にもできるので非常にオススメである。


・モーターの変更


モーターは発射レスポンスを求めるのであれば、サマルトコバリウムモーターを入れるのが手っ取り早い。
7.4vのバッテリーでも発射までの時間が各段に早くなる。こちらも【見て分かる代物】だ。
ただしサマコバは、連射サイクルで純正のモーターよりも1~2発少なくなるのには注意。
あとはトリガーロック(セミオートを素早く連射しすぎてセミが一時的に撃てなくなる症状)が起こりづらいのも大きなメリットである。
なぜかというとサマコバ自体が強いトルク(パワー)で発射メカニズムを引っ張って助けてあげるからだ。
通常のモーターでもそこそこパワーはあるが、サマコバ搭載時と同じ速度で指切りした場合、ガッ カチンカチンと撃てなくなるだろう。
フルオートよりセミオート多用しますという方には絶対オススメである。

体感の話になるが、次世代に組み込んだ場合、心なしか反動が鋭く重く強くなったような気がする。
モーター交換した際に、グリップキャップの閉めすぎには注意。

海外製スタンダード系(反動が無いタイプ)なら、安くて性能の高いマルイのEG1000シリーズのモーターと変更すると良い。


・バレルの変更
タイトバレル(内径の細い物)


バレルは内径が細ければ細いほど初速が上がる傾向にある。(バレル長やシリンダー等の話はおいておきます。)
BB弾が、通常バレルより強い空気の圧力で押し出されるためといえば分かりやすいだろうか。
+値でいえば、純正のバレルよりも+2~+4ぐらいの初速upが見込めるであろう。
ただ初速値は目で見て分かるほどでもないので、そこまで重要視しなくてもいいかもしれない。
精度に関してもupするのか?といえば、近中距離であれば、弾のスピードが速くなる(強くなる)ため、精度は上がる傾向にある。
40m以降の遠距離では精度は散りやすい傾向にあるらしい。

今回紹介したものの中で一番効果が分かりづらいので、マルイ製の銃であれば特別変える必要はないだろう。



・BB弾の変更


0.2gのbb弾を使っている人は是非0.25gにしていただきたい。
25弾は02弾よりも重いため、風の抵抗に負けないし、押し出された時のパワーもBB弾に乗るためだ。
新品箱だしでも、AR系は0.2gより0.25gの推奨となっている。

つまり何が違うのかというと、飛距離と集団率の向上が見込める。
初速は02弾よりも落ちるが、パワーがあるので02弾より遠くまで飛んでいくという仕組みだ。
じゃあもっと重いのがいいんじゃない?と思うかもしれないが、押し出す方のパワーが足りてなければパワー不足で飛ばないという結果になる。
箱出しのまま適しているのが、25弾というわけだ。
分かりやすくいうと、デブとガリが同じ力で押し出された場合、空気の壁を切り裂きながら止まらずにタックルされたらどっちが痛そうかとイメージしてもらえばいいかもしれない。


ただし弾は質の良さの問題から、マルイかG&Gを使う事を推奨とする。

コンパクトマシンガン、ハンドガン系は元々押し出すパワーがARに比べて少ないため、02弾でもいいかもしれない。


以上が【耐久、コスト、性能up】の観点からみて出来る軽カスタムだ。



ホップパッキンも簡単な部類で飛距離やら精度やらあげれるとは思うが、耐久性の面とマルイ純正であれば性能が高いため今回は外させていただいた。  

Posted by DOG  at 00:17Comments(4)初心者向け